映画「歳三の刀」特設ページ

 明けましておめでとうございます。
 一般社団法人ユーラシア国際映画祭代表理事の増山麗奈です。本年もよろしくお願いいたします。
 一般社団法人ユーラシア国際映画祭は、新理事にルミィヤンツェヴァ裕美さん、田川清美さんをお迎えしました。
 本年は私共が取り組んできた国際映画「歳三の刀」撮影・完成、2022年11月よりフランスのアルザスで開催される「北斎と富士展」の運営のお手伝いをさせていただく歴史的イヤーとなりました。これもひとえに皆々様のご支援のおかげです。感謝いたします。
 皆様により充実したサービスを提供するために、会員制度を改定いたしました。
 2021年中にドリームパートナーになっていただいた皆様には、映画「歳三の刀」完成後の2023年7月より上映・配給利益による配当をさせていただきます。
 今まで正会員・サポート会員として私共を支えてくださっている皆様には、入会金11,000円を免除させていただきます。
 会員の皆様には毎月のグッツサブスクご提供・イベント参加費の割引優待をご提供いたします。
 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
 追加料金なしで会員をご継続を希望される方は事務局までご一報ください。その際は総会へ出席と各種イベントへの正規料金となります。
 賛助会員の方はその都度金額に応じた広告枠をご用意させていただきます。
 私ごとになりますが、京王線南平駅から徒歩数分の所にアトリエカフェRをオープンいたしましたので、ご興味ありましたら、お立ち寄りください。
 本年も引き続きお力添えのほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。
 新会員制度にご賛同くださる方は詳細をお伝えいたしますので、事務局にお問い合わせください。
●ユーラシア会員(2022年版)
正会員/月額 5,500円 (毎月)
入会金/11,000円
賛助会員/
 55,000円
 110,000円
 550,000円

会員参加をご希望の方はこちらにご記入ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdSBHFonQKQc1thgfMRLOlXVyuWsTN8_zza0QwXprngw–JdQ/viewform

毎月15日までに入会した方は当月から入会で20日前後にグッツサブスクを郵送をいたします。
15日までに、退会の意思を表明してくださった方は次の月から退会となります。

 ユーラシア国際映画祭では現在、ロシア文化庁提携映画配給制作会社GOD KINO社と業務提携を結び大型日露合同映画「歳三の刀」撮影を行っております。昨今の国際事情もあって予定よりもスケジュールとして遅れていますが、2021年6月から日本国内では土方歳三ゆかりの栃木県や福島県で撮影が開始され、同年9月10日からはいよいよロシア極東地域でのウラジオストク、ブラゴベシチェンスク市での撮影をスタート(9月20日まで)。現在日露スタッフ・キャスト鋭意準備中です。
 この映画について初めて知る方も多いと思いますし、この特設サイトでは映画の内容紹介に加えて、映画関連イベント宣伝や各種報道紹介についても随時触れていくことにいたします。

 日露合同製作映画「歳三の刀」撮影が本格化し、ついに2021年9月にロシアでの撮影が開始されました。これについての関連報道が次々に上がっています。2021年9月16日付IGTV映像(ロシアのテレビ)、9月17日付アムール通信記事、9月18日付ポルトアムール極東通信記事、9月19日付2×2テレビ報道-1(アムールの秋祭典イベント全般)、9月19日付2×2テレビ報道-2(アムールの秋映画祭閉幕式)、9月19日付アムールインフォ(こちらもアムールの秋映画祭閉幕式)、9月21日付GZT-sv(アムール地域情報ニュース)(こちらもアムールの秋映画祭閉幕式)、帰国後、9月29日付夕刊フジ、10月12日付スプートニク(ロシア)記事が掲載されています。記事関連画像など詳細はメディア紹介ページから。

◎今後、最新情報の詳細は右記「最新情報(ブログ)」のリンク先から入手ください。トップページはイベント・情報の概要紹介のみとします
★ラジオドラマ収録ワークショップ及びユーラシアの風映画祭(1月9日、2月6日開催、これらは東京都日野市にて、映画祭はオンライン対応)
★ジャポニズムアート英会話(1月14日、東京都日野市にて、オンラインにも対応)
★アールヌーボー絵画教室(1月16日開始、今後毎月第3日曜日開催予定、東京都日野市にて)
★ロスジェネおとなこども食堂(1月22日、東京都日野市にて)
★ルミィヤンツェヴァ裕美さん主宰パーティ(1月24/31日、東京都港区赤坂にて)

「ユーラシアの風」テーマソング(YUMI PLANET「YOU DONT EVEN KNOW ME」)が決定しました。こちらに記事としても掲載されました。

◎「歳三の刀」日本側出演者

源光士郎(土方歳三役)
栗塚旭(土方歳三役=晩年)
辰巳琢朗(佐野専左衛門役)

大神田リキ(ダリア夫人役)
加藤登紀子(本人役)
木下順介(榎本武揚役)

◎「歳三の刀」ロシア側出演者

マキシム・コロソフ(ミハイル・ポリャコフ役)
ナスチャ・デニソワ
エブゲニー・バニファトフ
ブラード・カノプカ(ニコライ二世=皇太子 役)

ブラード・シュクリャエフ
クセーニア・アリストラ―トワ(マリア役)
さらなる情報はこちらから
ユーラシア国際映画祭メールマガジンの読者を募集しております。購読希望の方は無料購読できますので下記フォームから登録していただければ幸いです。
メールアドレス


映画「歳三の刀」をロシア撮影ドリームパートナーに!!
ユーラシア映画祭会員になってください!


(2022年会員募集要項については冒頭あいさつ参照)
(お振込先)
三井住友銀行 店番号 285 日野支店 口座番号 7594101
口座名:一般社団法人ユーラシア国際映画祭
ゆうちょ銀行 10150−94241451
振込先 口座名 ユーラシアエイガサイ
【店名】〇一八 【店番】018 【普通】9424145

クレジットカードからも 任意の金額のご寄付をいただけるようになりました。
http://eurasia-film.square.site/

(お断り・キャンセルポリシー)
一度お受けした、ご協賛やご寄付を返金することはできません。あらかじめご了承ください。


ご意見、ご質問用メールフォーム

 ユーラシア国際映画祭では読者の皆様からのご意見、ご質問を承っております。映画に関するご意見、疑問などございましたら、下記のフォームから投稿できますのでよろしくお願いいたします。

ユーラシア国際映画祭の微博(Weibo)アカウントQRコード

ユーラシア国際映画祭代表・増山麗奈TwitterアカウントQRコード
◎一般社団法人ユーラシア国際映画祭
〒191-0041 東京都日野市南平7-2-17-101
(京王線南平駅南口から高幡不動方面、東向きに徒歩約5分、北野街道沿い、ガストとセブンイレブンの間)
電話 080-6687-4118