ユーラシア国際映画祭会員・「歳三の刀」サポーター募集中

◎一般社団法人ユーラシア国際映画祭ではサポートしていただける会員及び映画「歳三の刀」サポーターの皆様を随時募集しております

 ユーラシア国際映画祭会員募集サイト

 一般社団法人ユーラシア国際映画祭は、ロシアへの日本映画紹介・ジョージア大使館・寺田倉庫・台湾での地震支援チャリティ活動・日本財団と笹川保健財団初めての業務提携映画祭「ハンセン病映画祭」開催など、活動を世界に広げ、才能ある仲間との輪を広げています。2020年は代表理事の増山麗奈画ロシア州政府より日露文化交流を認められ【日露文化交流功労賞】を授与いただきました。ロシア文化庁提携映画配給制作会社GOD KINO社と業務提携を結び、2021年からは大型日露合同映画「歳三の刀」撮影を控えています。

 映画「歳三の刀」は日露合同制作ということで文字通り日本とロシアの映画制作スタッフ・タレントが一丸となって作るものです。日本とロシア双方での制作費用はもちろん、日露間の移動費用、そしてスタッフの人件費など大変なコストがかかることもあり、映画制作をサポートしていただける会員・サポーターの皆様を随時募集しております。

 会員募集について詳しくは上記のサイト(外部リンク)を参照していただければ幸いですが、映画制作本格支援を目的としたドリームパートナー正会員(年会費50000円)、各種イベント割引優遇や映画祭法人への発言権を得られる正会員(年会費10000円)、ライトな支援を目的としたサポート会員(年会費4000円)を募集いたします。

 また、映画支援を目的としたサポーターも募集しております。
〇映画「歳三の刀」応援チケット  10,000円
〇映画「歳三の刀」プレミア応援チケット 50,000円/一口/

〇法人様「映画」歳三の刀ドリームパートナー会員 100,000円/一口
(サポート費用支払いはこちらから)
〇ロゴ掲載ご協賛(大きく)  1,000,000円/一口
〇オープニングタイトルロールでのロゴご掲載 10,000,000円
 
 クレジットカードでいくらからでもご寄付をいただけるようになりました!

映画「歳三の刀」支援は会員としてのサポート以外にも方法があります。「歳三の刀」では関連グッズを販売しております。詳しくはこちらのページから。 一緒に世界一のエンターテイメントを創造・発信・教育の場を作ってまいりましょう。